目が重いと感じる方にこのサプリがおすすめ!

目が重い サプリ

目が疲れたときに感じる、目の重たさ。これは、使い過ぎにより目の周りの筋肉が強ばったときにおこります。放っておくと、眼精疲労へとつながります。眼精疲労は、目だけでなくカラダの他の部分にも影響がでてきます。目が重いと感じたときは、筋肉の強ばりをほぐして楽にしてあげましょう。そのためには、血行の促進が大切です。

 

・マッサージ
・ホットマスク
・目薬

 

さらに、血行をよくして目に効果的な成分を摂るのもおすすめ。最近は目の疲れや眼精疲労の予防にと、最適なサプリが発売されています。なかでも、アントシアニンやルテイン、クロセチンといった成分がポイント。当サイトでは、これらが配合されているおすすめサプリをご紹介しています。

 

めなりの特徴

目の重さスッキリを実感できるサプリメントです。特許取得のビルベリーは大変濃く、アントシアニンたっぷりです。吸収率と持続率が高いので、時間が経っても効果が継続。パソコンやスマホの光ダメージは、ルテイン&ゼアキサンチンでしっかり守ります。血流を改善するクロセチンも配合。目の周りの筋肉のコリをほぐし、眼精疲労の予防に最適です。1日めやす2粒。特別モニターなら、定期初回が77%OFFの907円(税別)です。

価格 907円
評価 評価5
備考 アントシアニン・ルテイン・ゼアキサンチン

一望百景の特徴

長時間目を酷使する人のためのサプリメントです。マリーゴールド由来の天然フリー体ルテインを20mgとたっぷり配合。パソコンやスマホなどの強いブルーライトに必要とされているのがルテイン!紫外線を吸収・ブロックして守ります。にんじん約45本分ものルテインをたった1粒で補給。1日めやす1粒。初回全額返金保保証もあり気軽に始められます。とくとく便なら初回からずーっと10%割引き!

価格 1,800円
評価 評価4
備考 ルテイン・ゼアキサンチン

なごみアイの特徴

体内に存在するルテインと同じ形のルテイン、特許成分FloraGLD100%ルテインを10mg配合。紫外線などの外からの刺激をしっかりブロック!更にすみずみまで素早く届くクロセチンも配合させることにより、短時間での吸収が可能に!ブルーべり葉エキスもプラスし映す力もサポート。1日めやす2粒。100日間安心返金保証。定期コースなら2回目以降もずっと約20%OFF。

価格 980円
評価 評価3
備考 クロセチン・ルテイン

 

目が重い改善するサプリ成分は?

 

目が疲れた、重いなど不快感がある時には、サプリメントを利用すると改善出来る事があります。そこで今回は、重い疲れ目によく効くサプリメントをご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

●目が重くなったら血行促進

 

こわばった目の筋肉は、緊張をほぐすためにもアントシアニンなどで血行促進してあげると効果的です。そのためサプリメントを選ぶ時には血行促進してくれるようなサプリメントを選ぶといいでしょう。

 

●ブルーベリー

 

北の国から届いたブルーベリーは、疲れ目を改善してくれるアントシアニンで目をはっきりさせてくれます。目が重くなると文字がかすんで見えてしまう、焦点が合いにくいなどといった目のトラブルを抱えた人は、パソコンやスマホの見過ぎが原因かもしれません。目を酷使していると目の筋肉は凝り固まってしまい、ピントも合わせづらくなります。しかしブルーベリーはそのような疲れ目を持っている人をアントシアニンで和らげてくれるでしょう。アントシアニンが3倍も入ったビルベリーも含有されているので、その1粒には約60個分になるビルベリーエキスも含まれています。さらに体に優しい7つの成分も独自に配合されているでしょう。

 

●めなり

 

めなりは目のトラブルで悩んでいる方でもスッキリクリアにしてくれるサプリメントです。目が乾く・重い・眩しい・ぼやけるなどといった目の悩みは、40代〜60代の方に多く、95%以上の方が苦しんでいます。そこでめなりは目に本当に良い成分を開発して、実感力もあるクオリティの高いサプリメントを作ったのです。ビルベリーは吸収力が2倍以上もあり、ゼアキサンチンやルテインによって重くだるくなって目をくっきりしてくれます。他の成分としては、
・ベータカロテン
・ビタミン類
・ミネラル
・クロセチン
・アスタキサンチン
といったぜいたくな成分があります。

 

●まとめ

 

最近ではスマホやPC作業などで目を酷使する人も増えてきています。一日デスクワークで目が重くなってしまう人もいるでしょう。そんな時は上記のようなサプリメントを使ってみるといいでしょう。

 

目が重い…がもたらす症状は?

 

目が重いな…と思ったら、次のような症状が考えられるでしょう。

 

●自律神経失調症

 

自律神経失調症というと首の凝りや肩こりなどを思い浮かべる人が多いでしょうが、自律神経失調症は全身にも関与しているので目にも症状が出てきてしまうものです。次のような症状がある人は、自律神経失調症の可能性が高いです。
・目の奥が痛い
・目がショボショボする
・目が乾く
・いつもより光が眩しい
・まぶたが重い

 

●眼精疲労

 

目が疲れていると言えば眼精疲労です。目薬のテレビやCMでもよく耳にする病名であり、実は深刻な被害があるものでもあるでしょう。「疲労」という言葉がつくので、疲れ目と同じでぐっすり寝て起きれば治ると考えている人が多いですが、寝るだけでは治りません。

 

●目が重いという眼精疲労の特徴とは

 

・充血がある
・鈍い痛みがある
・とにかく目が疲れてしまう
・ドライアイ気味
・まぶたがピクピク痙攣する
・鋭い痛みがある

 

●ストレスがたまっている

 

そのままなので分かりやすいですが、毎日など使用頻度が高い場合には、かなり目が負担がかかっている事が容易にイメージ出来るでしょう。症状が重くなってきてしまうと、次のような症状が出てきてしまいます。
・ストレスが蓄積される
・眼精疲労

 

●重い目を和らげるための方法とは

 

・自己マッサージを行う
・眼科を受診する

 

病院に行く時のポイントとしては、行ってから細かい症状を思い返すのではなく、事前に細かくまとめておく事が重要です。曖昧に伝えてしまうとせっかく病院に行っても適切な診断が出来ない事もあるでしょう。スマホのメモ帳などに箇条書きにするのもおすすめです。まぶたの異常だけでなく、視力や目の状態を知ることが出来るので、日頃から半年に一回、最低でも一年に一回は眼科に行く事をおすすめします。

 

花粉症と目が重いの関係は?

 

スギやスギ以外の花粉であっても花粉症になりやすいです。目のかゆみ、腫れ、鼻づまり、くしゃみなどの症状が出てしまうでしょう。目の粘膜に花粉がついてしまうと、目がしょぼしょぼしてしまい、アレルギー反応として様々な症状が出てきてしまいます。花粉症の時に起こる目の症状、目のかゆみや腫れ、目周りの腫れ、目の奥が痛い、重いなどの症状がある時も花粉症が疑われてきます。

 

●花粉症だと目がかゆくなりやすい

 

花粉症によって目に何か症状が出るとしたら、「かゆみ」である場合が多いのです。目にも出てくる花粉症の症状は、鼻や目でも同じような現象が起きてしまいます。まずは花粉が目についてしまう事により、花粉を取り除こうとして免疫反応が発生します。そして今度は免疫反応によって炎症細胞からヒスタミンが出てしまい、次のような症状が出やすくなるでしょう。
・結膜炎
・目の充血
・目のかゆみ
・目やに
・目の痛み
・目が見えづらい
・涙目
・まぶたが腫れる

 

●目はアレルギー症状が出やすい?

 

目は常に外気にさらされているという事もあり、花粉の影響を受けやすいです。そのためアレルギー反応も出やすく、涙やかゆみが出てしまうほか「目が重い」と感じてしまう人も多いです。どんよりと目が重い症状は憂鬱になってしまいますよね。また頭痛など他の症状にもつながりかねません。また花粉は目に入れないようにしましょう。花粉症対策になるようなメガネを装着すれば、目に入ってくるような花粉の量を軽減させることが出来ます。見た目に抵抗がある人も普通の眼鏡やサングラスでも効果があるでしょう。あとはかゆくても触らないのがベストです。アレルギー用の目薬をさすなどして目をスッキリさせましょう。

 

目が重い原因は?

 

目が重くなってしまうのには原因があります。それには何が考えられるのか、ピックアップしていきましょう。

 

●ドライアイになっている

 

眼精疲労は日常生活で目を酷使している人や度数の合わない眼鏡やコンタクトレンズを使用し、老眼やストレスなどが原因で起こりやすいです。まぶたが重い、しょぼしょぼする、かすみ目などの不調を感じてしまうのです。また頭痛や肩こりなど、目以外の部分にも症状が出てしまう事があるでしょう。ドライアイは目の表面の涙が蒸発していき、乾燥を引き起こし、目の異物感や痛み、疲れ目など様々な症状を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

●眼瞼痙攣
まぶたがピクピクと痙攣するものと思われてしまいがちですが、実際に片方の目まわりや頬、口周りがピクピクしてしまうのは顔面痙攣です。顔ではなく眼瞼痙攣の場合は、必ずしもまぶたがピクピクするわけではなく、不要なまばたき増える、自由に目を開けられない、まぶたが重いなどの症状が出てきます。目が眩しい、目が乾くなどといった症状も出てくる事からもドライアイだと勘違いしてしまう事があるでしょう。

 

●バセドウ病

 

まぶたが腫れる、眼球が突き出てしまうなどの症状が出てきてしまうでしょう。目の動きも重くなってしまい、視力障害物がダブって見えるなどのトラブルが出てきます。まぶたが後退するので「眼瞼後退」とも言いますが、まぶたがつりあがったようになる症状も出てきます。

 

●ストレス

 

目が疲れてしまう、まぶたが重くなるなどの症状があったら、実は目が原因ではなくストレスが引き金の場合もあります。仕事や暴飲暴食、長時間のスポーツで精神的にも疲れてしまう、夜更かしで生活リズムが乱れているなどの理由でも目の筋肉が硬くなってしまうので、血液の巡りが悪くなり目が疲れてしまいます。またこれは頭痛原因にもなりかねません。

 

●まぶたが重い場合の対処法

 

目を使いすぎると「まぶたが重い」といった症状が出てしまい、腫れぼったくなる感覚や目を開けるのが億劫になってしまう状態になってしまいます。常にまぶたを開けている状態が続くととても疲れてしまうでしょう。目が重い、肩こり、目の奥が痛い、充血、かすみ目、乾燥、しょぼしょぶする、頭痛、吐き気、あ肩こりなど、目だけでなく体への症状も出てきてしまうでしょう。十分な睡眠をとり、目を休めましょう。

 

目が重いときに試したいマッサージは?

 

目が重い時にはどんなマッサージ法が必要なのか、ご紹介していきましょう。

 

●まぶたを温める

 

むくみでまぶたが重い時、目周りの血行を促して温めておくといいでしょう。血行が改善されれば、むくみの原因でもある水分をまぶたから流す事が出来ます。まぶたを温める方法は次の通りです。

 

●蒸しタオルを目の上に乗せる

 

5〜10分間、蒸しタオルをまぶたに乗せて温めましょう。蒸しタオルの他にもアイマスクやホットマスクを使うのはとてもおすすめです。蒸しタオルで目元を温めた後はアイクリームや保湿クリームで目元の乾燥ケアを行っていきます。

 

●目が疲れた時のマッサージのコツ

 

目が疲れた時はセルフマッサージをするだけでもリフレッシュできて効果的です。その時のコツについてお教えしましょう。目のすぐ近くにあるツボや瞳子りょう、太陽の各ツボをマッサージする時には指を滑らせて眼球を傷つけないように注意します。そして指の腹を使って優しくマッサージしていくのです。首から肩にかけては、血流を促進するツボとして天柱、風池、肩井があります。肩や首を回しただけでも血行はよくなるでしょう。手足にあるツボや合谷と足三里も疲れを癒すのに最適なスポットでしょう。

 

●血行を促すマッサージをしていく

 

首や肩の血行が悪いとまぶたのむくみ原因になってしまいます。水分を顔の外に排出する事が出来ません。首や肩の筋肉をほぐして、首筋から肩にかけての血行やリンパの流れを良くしていきます。肩や首のストレッチ法は次のような手順でやっていきましょう。

 

首をゆっくり回す

肩を上下させる

肩をグルグル大きく回す

手で首筋や肩の筋肉をもみほぐす

 

●まとめ

 

目が重いと感じた時は、まぶたをマッサージしてもみほぐし血流を促してあげるといいでしょう。